【第14回】H ZETTRIOの
ヘンカヲタノシム blog
by SPEED MUSIC

こんにちはソクドくん第二回目でス

先月からぼくもブログを書いてるんでス

今回の文は前回のブログの文節ひとつひとつの語尾が今回のはじめと全部リンクしてしりとり形式になってまスので
前回のを見てからここを見てください

というのは全然うそスけど

ソクドくんのあたまの旗みたいなのが角度(右向き)が風向き的というか移動方向的に逆なんじゃないか(左向き)って言ってるスタッフがいました
でも右向きでOKなんス あれは八分音符の旗をあらわしてるんだって

Mさんが言ってました


ズミさんでしたっけ


まあそれはいいとしまして


10月から番組が最終回じゃなくてリニューアルしたので皆さんからのリクエストの採用者へのプレゼントシールがソクドくんでこれが当然つうか順当つうか好評でリクエストがいきなり144倍になりましたス


いや144は適当に言いました
ぱっと浮かんだ数字ス


24時間年末年始もリクエスト受け付けていまスのでメールよろしくお願いしまス
今までやったことない曲でお願いしまスね


つってあの人ら1回やった曲忘れてまた同じ曲やったりして

ぼくのスマホです


さて今回の「SPEED MUSIC ソクドノオンガク」の撮影はどんな風でしょうか
場所はStudio Go Wildて書いてありまスね(画面右下に)


ソクドくんワイルドでしょ~?

エイチゼットニレさんがいました
背広でスか? 背広?

背広つっても背中が広いって事ではなく背広っていう上着の事でスね

ネーミングの妙スね

こうみるとベースってタッパありまスね 頭の位置を優に超えてるスからね

エイチゼットコウさんです
いかにも映像の画面を撮りました的な写真でスね 顔が真剣そうに見えまス演奏中でスか


今回はバックが黒すぎてコウさんが白く見えまスね


いやでも白いコウさんてのは違和感がありまス

そんなわけで先月は「DOWN TOWN」(11/11)「あの素晴らしい愛をもう一度」(11/18)「約束の橋」(11/25)でスた

振り返ってみまス? それともやめときまス? ワイルドでしょう~?



「DOWN TOWN / シュガー・ベイブ(1975)」
山下達郎さん率いるシュガー・ベイブの名曲でスね!


この曲のアレンジについてM氏に聞いてみまスた
ソクド「この曲のアレンジポイントはどこス??」


M「浮遊感というか…着地してるのが最初のAメロのはじめだけというような…ルートが。主和音ていうか…」


ソクド「さすがス!(よくわかんないけど)」


「あの素晴しい愛をもう一度 / 加藤和彦と北山修(1971)」
名曲でスね!


ソクド「こちらは?」

M 「これは…8ビート…8ビート発ジャングルブギ経由レディマド…(ぼそぼそ)」

ソクド「肩にかけるキーボード珍しいんじゃないでスか? あれいいでスね!?」

M「そう…きよしのズンドコ節以来かな(#91)」

ソクド「さすがス!」


「約束の橋 / 佐野元春(1989)」
ソクド「名曲でスね! こちらはどうでしょう?」


M「4ビート…小粋にンフンフンフンフ…(ニタニタ)」

ソクド「…(大丈夫か)…さ、さすがス!」

おっMさんでスね珍しく姿勢が良…そうでもないスか

カメラ意外と近いスね 気にならないでスか? どうなんでしょ


つことで次回はここStudio Go Wildを離れての撮影になったス。それもまた書いてあげまスね

P.S.
2020年12月19日と20日は2Daysで豊島区にある東京建物Brillia HALL、そして
2021年3月6日(土)大阪/河内長野ラブリーホールと3月7日(日)兵庫/丹波市ライフピアいちじまも決まったス。(コピペ)


新譜としては2021年1月6日に「SPEED MUSIC ソクドノオンガク Vol.3」Releaseス。

2021年1月6日に「SPEED MUSIC ソクドノオンガク Vol.3」Releaseス。

2021年1月6日に「SPEED MUSIC ソクドノオンガク Vol.3」Releaseス。

重要な事は3回いうスね



そんではまた。上の写真のネオン一回割れて修理したス へ~

つことで前向きに行きまスよろしクド!!!
ヒュン!