加工食品事業

笑顔あふれる食卓のトレードマークへ、より一層のおいしさを提供します

JTグループの加工食品事業では、テーブルマークグループを通じて、「一番大切な人に食べてもらいたい」という想いのもと、「お客様においしく、安心してお召し上がりいただける」商品づくりを進めています。
今後も暮らしの源である「食」の世界を通じて、お客様から支持され続ける存在を目指していきます。

食を支える多様な事業を通じて日本の食卓の未来を創造します

テーブルマーク JT 加工食品 サンジェルマン

テーブルマークグループの冷食・常温事業を担う「テーブルマーク(株)」では、これまで培ってきた技術力・商品開発力を最大限に生かすことのできる冷凍麺、冷凍米飯、パックご飯、焼成冷凍パンといったステープル(主食)を事業の柱と位置付け、より一層のおいしさづくりに取り組んでいます。調味料事業では、「富士食品工業(株)」を中心に独自技術を活用した商品を豊富にラインナップし、幅広い分野で事業展開しています。
また、ベーカリー事業ではベーカリーショップ「サンジェルマン」等の展開を通じて焼きたてパンのおいしさをご提供しています。
今後も徹底した安全管理のもと、技術革新や商品開発に努め、皆様の食卓により一層のおいしさを提供していきます。

お客様に安心して召し上がっていただくため安全で高品質の商品をご提供していきます

Ⅰ.フードセーフティ
フードセーフティ

食品安全マネジメントシステム※の考えに基づき管理された工場から、お客様に安全な商品をお届けしています。それぞれの工場での取り組みは監査を通じて確認しています。

ISO22000など

Ⅱ.フードディフェンス
フードディフェンス

外部からの意図的な攻撃を防ぐためフードディフェンスプログラム※に基づく対応を行っています。

フードディフェンスプログラム:リスク管理項目をソフト面(マネジメントシステム)・ハード面(セキュリティ)それぞれの側面から遵守すべき事項を設定し、管理すること

Ⅲ.フードクオリティ
フードクオリティ

開発~調達~製造を通じておいしさを追求した商品づくりを行う一方、お客様からいただいたお問い合わせやご指摘をもとに、商品の品質やお客様満足度の向上に向けた継続的な取り組みを行っています。

Ⅳ.フードコミュニケーション
フードコミュニケーション

お客様の要望に真摯に耳を傾けるとともに、トレーサビリティ情報の提供や工場見学などを通じた積極的な情報公開により、お客様とのコミュニケーションを推進していきます。