医薬総合研究所の研究における倫理的配慮について

研究における倫理的配慮

厚生労働省の定める「臨床研究に関する倫理指針」に基づき臨床研究倫理審査委員会を設置し、また、「ヒトゲノム・遺伝子解析研究に関する倫理指針」に準拠したヒトゲノム・遺伝子解析研究倫理審査委員会も設置して、研究内容の倫理的、科学的妥当性についての審査を行っています。

医薬品の開発においては、薬の安全性や有効性を確認するための動物実験が必要不可欠です。私たちは、科学的合理性に基づくとともに動物の生命を尊重し、動物福祉の考えを常に念頭に置いた上で、動物実験の適正な実施に努めています。特に医薬総合研究所においては、「動物の愛護及び管理に関する法律」や政府の定める指針等に則って、動物実験に関する社内規則を定め、動物実験および飼養を適正に実施しています。

動物実験については、動物実験委員会を設置した上で、同委員会において動物実験計画が3R※の考え方に基づき適正なものであるか審査しています。加えて第三者機関により適正な動物実験等が実施されている旨の認証を受けました。

  • Replacement: 動物を用いない代替試験法を活用すること

  • Reduction: 使用する動物数を必要最小限にすること

  • Refinement: 動物に無用の苦痛を与えないようにすること