JTグループでは、ひとのときを想いながら
日々様々な活動を行なっています。
ここでは、そんな活動の一部を
ご紹介しています。

文化

  • 文化
渡辺明 JT杯覇者が2連覇! 将棋日本シリーズ東京大会
2019/11/29
こんにちは。JT 将棋担当です。

6月より全国で開催してきました「将棋日本シリーズ JTプロ公式戦/テーブルマークこども大会」。

シリーズの最後を締めくくる東京大会が11月17日(日)に幕張メッセで開催され、多くの参加者でにぎわいました。

テーブルマークこども大会には、約2,500名のこどもたちとそのご家族に参加頂きました。
真剣なまなざしで盤面と向き合うこども達の表情と、それを見守るご家族の姿が印象的でした。

藤井聡太七段、斎藤慎太郎七段等、12名中4名がテーブルマークこども大会出身者となり、若手棋士の活躍にも注目が集まったJTプロ公式戦。決勝に駒を進めたのは、渡辺明JT杯覇者と広瀬章人竜王。

渡辺明JT杯覇者が接戦を制し、見事2連覇を達成されました。40回の歴史の中で、3連覇は郷田真隆九段のみ。
対局後、将棋ファンに向けて「来年は3連覇を目標に頑張りたい」と力強く語られました。

全国11都市で開催された2019年の「将棋日本シリーズ」。ご来場頂いた皆様、HPの棋譜中継をご覧頂いた皆様、大会に関わって頂いた全ての皆様に御礼申し上げます。本当にありがとうございました!!

もっと見る

閉じる

  • 文化
17歳の夏、藤井聡太七段は三浦弘行九段にどう挑んだ!? 将棋日本シリーズ福岡大会
2019/08/26
こんにちは。JT 将棋担当です。

将棋日本シリーズは今年、JTプロ公式戦が第40回、テーブルマークこども大会は第19回を迎えました。

8月11日に行われた福岡大会で一番の盛り上がりを見せたのが、第36回優勝者の三浦弘行九段とテーブルマークこども大会の優勝経験がある藤井聡太七段によるJTプロ公式戦一回戦第四局。
JTプロ公式戦への出場権を最年少で獲得した藤井七段。百戦錬磨の三浦九段を相手に息詰まる戦いを繰り広げ、記憶に残る屈指の名局となりました。手に汗握る対局を繰り広げた2人には、会場から惜しみない拍手と声援がおくられました。(当日の様子を動画でご覧になりたい方はこちら↓)
http://bit.ly/2TWUpfE

11月17日(日)に千葉県・幕張メッセにて開催される東京大会まで、全国各地の会場で開催される将棋日本シリーズ。将棋を覚えたてのお子様も、将棋歴の長いお子様も、プロ棋士の公開対局を楽しみたい方も、ぜひ会場でかけがえのない時間を過ごしてみませんか?

もっと見る

閉じる

  • 文化
動物や植物から、外国の神様まで!? めくるめくマッチラベルの世界
2019/06/21
こんにちは。JT Facebook担当です。
ヨーロッパで誕生し、19世紀半ばから世界に広がったマッチ。1890年~1910年代にかけて、日本が世界屈指の輸出量を誇るマッチ大国だったのをご存知ですか?
動植物、人物、幻獣や神仏、日用品と、様々なものがモチーフになっている当時のマッチラベル。輸出用のマッチでは、中国向けであれば福・禄・寿をイメージさせるモチーフ、インド向けであればヒンドゥー教の神話を題材にした図柄など、ユニークなデザインのラベルがたくさん作られていました。
また都市の大衆文化が花開いた1920年代後半以降は、カフェーやダンスホールなどのノベルティとしても活用されていたマッチ。当時の空気が感じられるアール・デコ調のデザインのマッチラベルも誕生し、ラベル収集の趣味も広まりました。
そんなマッチの魅力が集まった特別展『マッチ ~魔法の着火具・モダンなラベル~』展が、東京都墨田区にある博物館“たば塩”で開催中です。展示は「マッチ登場」「国産マッチのあゆみ」「マッチラベルの世界」の3つのコーナーで構成されています。
時代の流れとともに受け継がれてきた文化と歴史を感じることのできる特別展、ぜひこの機会に訪れてみてください。

<たばこと塩の博物館『マッチ ~魔法の着火具・モダンなラベル~』展>
会期:2019年7月7日(日)まで
開館時間:午前10時~午後6時(入館締切は午後5時30分)
休館日:毎週月曜日
入館料:一般・大学生 100円、小・中・高校生 50円、満65歳以上の方 50円(※年齢が分かるものをお持ちください)

もっと見る

閉じる

  • 文化
藤井聡太 七段が史上最年少出場!まるごと1日将棋イベント「将棋日本シリーズ」いよいよ開幕!
2019/05/21
こんにちは。JT Facebook担当です。
藤井聡太 七段の驚異的なスピード昇段、ベテラン棋士と若手棋士の白熱したタイトル戦など、ますます盛り上がりを見せている将棋界。そんな将棋をまるごと1日楽しめる、国内最大規模のイベント「将棋日本シリーズ」が今年も全国11会場で開催されます!
レベルや年齢を問わず、毎年たくさんの将棋ファンやファミリーでにぎわう「将棋日本シリーズ」。トッププロ棋士12名による公開対局を“見て学ぶ” 「JTプロ公式戦」と、レベルを問わず小学生以下なら誰でも参加できる“指して学ぶ”「テーブルマークこども大会」を、同日同会場で味わえるイベントです。
今年、第40回という節目を迎えるJTプロ公式戦。この記念すべき大会に、テーブルマークこども大会卒業生の藤井聡太 七段が出場します! 極限の集中力と判断力が要求される超早指しルールの対局で、将棋日本シリーズ史上最年少出場となる藤井 七段がどんな戦いを見せるか必見です。また藤井 七段と同じく、テーブルマークこども大会卒業生の斎藤慎太郎 王座と菅井竜也 七段の出場も決定。卒業生同士の対局が実現するかどうかにも注目です。
各会場で行われるこども大会は、日頃の成果を試すことができる「ブロック対局」や「自由対局」、誰でも気軽に楽しめる「ファミリー将棋コーナー」や「詰め将棋クイズコーナー」など、たくさんのコーナーをご用意しています。
2019年度の大会は6月22日(土)の北陸・信越大会よりスタート。11月の東京大会まで全国各地にて開催されますので、お近くの会場で開催される際には、ぜひご参加ください!

※「テーブルマークこども大会」への参加は小学生以下であれば、どなたでも無料でご参加いただけるイベントです。(事前申込先着制)
※「JTプロ公式戦」の観戦は申込不要です。

もっと見る

閉じる