JTグループでは、ひとのときを想いながら
日々様々な活動を行なっています。
ここでは、そんな活動の一部を
ご紹介しています。

JTの森

  • JTの森
おばあちゃん所縁の森
保全活動を通して社会貢献に
2019/12/03
こんにちは。JTの森担当です。
「JTの森 奈半利(なはり)」のある奈半利町は、高知県東部に位置し、野根山に続く峰と土佐湾に囲まれた、風光明媚な場所にあります。そんな大切な自然を守るべく、私たちは年一回、森林保全活動を行っています。

ふたつの河川流域にあるこの森の保全活動は、森林の保水力を高めることで川の水質を守ることにつながり、ひいては海の自然環境、貴重なサンゴなどの海洋生物の生育環境保全にもつながります。

今回の活動では、午前中に森林の間伐、枝打ち、下草狩り、午後には海岸と河川敷に分かれて、清掃活動と防風林、竹林の整備を行いました。

これまでは、保全活動をする側としての参加でしたが、今回初めて運営スタッフとして参加しています。ここ奈半利の地は、私のおばあちゃんに所縁のある地域であり、愛着もあります。そんな場所が私たちの手によって整備され、元気になってくれるのは、なによりうれしいです。

大変な作業だったにも関わらず、最後は自然の息吹に感動し、皆さんが笑顔になるのを見て、自然と触れ合えるかけがえのない“ひととき”を提供できたのかなと、実感しています。

また、私たちがJTとして社会貢献できること、皆さまの大切なひとときを、より豊かなものにするための支援ができることに、やりがいを感じています。

私たちは今後も、美しい四季をもたらす森を守ることで、未来にまで豊かなひとときを残していきたい――そんな想いのもと、これからもJTの森活動を続けていきます。

もっと見る

閉じる

  • JTの森
水源の森を守り、里山を再生する森づくり
2019/06/28
こんにちは。JTサステナビリティマネジメント担当です。
世界遺産である姫路城の心柱や、伊勢神宮など、歴史的建造物に使用される木曽ヒノキを産出している岐阜県中津川市。6月8日(土)、中津川市蛭川地区に位置する「JTの森 中津川」にて、森林保全活動を行いました。

昔から水不足に悩まされてきた蛭川地区では、古くから水を蓄える力のある森づくりを目指してきました。「JTの森 中津川」では、地元の方々や森林組合の方々と水源林の樹木の生育を促すための保全活動に取り組んでいます。

今回の活動では、苗木の成長を妨げる雑草などを取り除く“下草刈り”のほか、「紅岩」周辺の除伐や足場づくりも行いました。「紅岩」は、花崗岩についた苔類によって赤褐色に見える県指定の天然記念物。そこへ至る遊歩道を整備し、皆が安全に楽しく森の散策や景色を楽しめるようにお手伝いすること。そんな自然の美しさを未来へ残していくことも、JTの森の活動目的のひとつです。

地元のみなさまとの地域にあわせた森づくりを通し、美しい四季をもたらす自然を守り、心豊かなひとときを次世代に残していきたい。そんな想いをこめて、私たちは「JTの森」の活動を続けていきます。

もっと見る

閉じる

  • JTの森
白いベールに包まれる「JTの森」の冬
2019/02/05
こんにちは。JTサステナビリティマネジメント担当です。
雪化粧し、静寂につつまれた冬の森。時が止まってしまっているようにも見えますが、樹木の冬芽は厳しい寒さに耐えながら、静かに春の訪れを待っています。
樹木が無事に冬を越し、春にしっかりと芽吹けるように。全国に広がる「JTの森」では地元のみなさまと一緒に、一年を通してそれぞれの森にあわせた手入れや整備を行なっています。
ひとつひとつの森を元気に育て、豊かな自然を次の世代に残したい。そんな想いをこめて、私たちは日々の活動を続けています。

もっと見る

閉じる