JTグループでは、ひとのときを想いながら
日々様々な活動を行なっています。
ここでは、そんな活動の一部を
ご紹介しています。

ひろ街

  • ひろ街
ひろ街 in 福島フェス
2020/10/14
こんにちは。JTひろ街担当です。

秋風が心地いい10月3日(土)、福島県福島市で開催された「福島フェス」にて、ひろ街こと「ひろえば街が好きになる運動」を行いました。

入場前の検温や来場者の手に除菌スプレーを散布するなど、感染拡大防止対策を徹底した中での開催でしたが、サッカーのライブビューイングや福島ゆかりのアーティストによるライブ、地元名産のグルメなど、かつてのにぎわいを取り戻した街の姿に、私も自然と笑みがこぼれていました。

新型コロナウイルスの影響で全国の催事が中止となる中、今年初めての開催としてひろ街ブースでも、スタッフはマスクや手袋を着用、除菌スプレーを用意するなどの対策を強化して臨みました。

このような状況の中でも参加いただけた多くの方々の姿に、私たちの“想い”への共感と福島への郷土愛を感じ、素直な喜びとやりがいに満ちた一日となりました。

JTでは「Rethink PROJECT」として、地域の地産地消や東日本大震災復興支援など、福島の“今”を支える事業を展開しています。私たちも「ひろ街」として、地域団体の皆さんとともに清掃活動を行っています。

これからも復興支援や清掃活動を通じて、福島の方々の何気ない“ひととき”が、笑顔で彩られた“ひととき”に変わることを信じて――そんな想いのもと、これからも「ひろ街」活動を続けていきたいと思います。

ひろえば街が好きになる運動
https://www.jti.co.jp/coexistence/manners/hiromachi/index.html

ひとのときを、想う
https://www.jti.co.jp/cw/index.html

もっと見る

閉じる

  • ひろ街
ひろ街 in にしのみや市民祭り
2019/11/12
こんにちは。JT ひろ街担当です。
秋も深まった10月26日(土)、兵庫県西宮市で開催された「にしのみや市民祭り」にて、ひろ街こと「ひろえば街が好きになる運動」を行いました。

1973年に始まり、今年で44回目を迎えたお祭りということもあり、中には親子3世代で参加されるという方も。お祭りでは、豪快な練り回しでお祭りに賑わいを添える「西宮だんじりライブ」をはじめ、「子どもみこし」や地域で活動する吹奏楽団やバンドによる「市民ライブ」などが披露されました。出番を終えた方々が、所属するグループや世代をこえて笑顔で交流しあう姿も印象に残った一日でした。

ひろ街の活動に楽しみながら参加していただき、「きれいな街を意識するようになった」と言っていただけるように。美しい街づくりを通じて、このにしのみやのお祭りの“ひととき”を心から楽しんでいただけるように。笑顔で声をかけながら活動を続けていきたいと思っています。

もっと見る

閉じる

  • ひろ街
ひろ街 in 馬関まつり
2019/09/27
こんにちは。JT ひろ街担当です。
歌と踊りで下関の夏のフィナーレを飾る「馬関まつり」。お祭りの開催期間である8月24日(土)から25日(日)にかけて、ひろ街こと「ひろえば街が好きになる運動」を行いました。

お祭りに賑わう市内では、「下関は本州と九州をつなぐ玄関口、きれいな状態でお客さんをお出迎えしたいですからね」と、ひろ街に積極的に参加してくださる地元の方が多くみられました。

訪れる人たちが過ごす心地よいときを想う、あたたかな心にも触れることのできた今回のひろ街。一方お祭りでは、平家一者の供養の踊りを起源とする「平家踊り」や、朝鮮王朝から日本へ派遣された外交使節団の行列を再現するパレード「朝鮮通信使行列再現」などが行われ、華やかな活気に満ちていました。パレードには地元の方だけでなく、韓国・釜山市の方々もボランティアとして参加し、共に手を取り合いながらお祭りをつくりあげている姿が印象的でした。

「『ひろう』という体験を通じて、ごみを『すてない』気持ちを育てたい」。
そして、美しい街づくりを通じて、皆さまの心地よい“ひととき”に貢献したい。そんな想いのもと、この秋も全国のさまざまなイベント会場でひろ街の実施が予定されています。お近くで開催の際には、ぜひお立ち寄りください。

もっと見る

閉じる

  • ひろ街
ひろ街 in 湘南ひらつか七夕まつり
2019/07/26
こんにちは。JT ひろ街担当です。
古くから工業都市として栄えた歴史をもつ神奈川県平塚市に、夏の訪れを告げる「湘南ひらつか七夕まつり」。この開催にあわせ、7月5日(金)から7日(日)の3日間、ひろ街こと「ひろえば街が好きになる運動」を行いました。
戦時中に空襲で焼け野原となってしまった街の産業復興策の一環として、市の商工会議所や商店街連合会が中心となり1951年から始まったこのお祭り。メイン会場である商店街に飾られた絢爛豪華な七夕飾りをひと目見ようと、市内は多くの人でにぎわい、ひろ街ブースにも、たくさんの方々が立ち寄ってくださいました。
「せっかくのお祭りだから、みんなで気持ちよく楽しみたいものね」と、地元の方はもちろん、市外からいらした方も参加してくださり、お祭りという特別なひとときがつなぐ、あたたかな想いにも触れられるひろ街となりました。
また、お祭りにさらなる彩りを添えたのが、初日に行われた圧巻の「七夕おどり千人パレード」。パレードの参加者だけでなく、沿道にいる様々な世代の方々も『七夕おどり』の音頭にあわせて楽しそうに手拍子する様子に、市民の方々とお祭りの深いつながりを感じることができました。
「『ひろう』という体験を通じて、ごみを『すてない』気持ちを育てたい」。
そして、美しい街づくりを通じて、皆さまの心地よい“ひととき”に貢献したい。そんな想いのもと、ひろ街は、この夏も全国のさまざまなイベント会場で実施が予定されています。お近くで開催の際には、ぜひお立ち寄りください。

もっと見る

閉じる

  • ひろ街
ひろ街 in 姫路お城まつり
2019/06/04
こんにちは。JT ひろ街担当です。
1993年に日本初の世界文化遺産として正式登録された、兵庫県姫路市にある姫路城。白漆喰で塗られた城壁の美しさで「白鷺城」の愛称も知られる姫路城周辺で、毎年5月に開催されているのが「姫路お城まつり」です。戦後間もない1948年、廃墟と化した姫路中心部にありながらも奇跡的にその姿をとどめた姫路城を復興のシンボルとし、新生姫路市の誕生を目指すと共に始まったお祭りです。
そんな「姫路お城まつり」期間中の5月11日(土)、お祭りの会場にてひろ街こと「ひろえば街が好きになる運動」を行いました。
姫路城を背景に演じられた「姫路城薪能」、毛槍挟箱行列や甲冑姿の大名が練り歩く「時代パレード」に「市民パレード」、播州各地で謡い踊り継がれてきた播州段文音頭やお城踊りも実施された「総踊り」などが行われ、賑々しい雰囲気に包まれた市内。開催第70回という節目を祝うセレモニーも行われ、市民の方々の姫路城と地元への想いも感じられるお祭りとなりました。
大手前公園に設置されたひろ街ブースにも、たくさんの方が立ち寄ってくださいました。「街も姫路城に負けないくらい美しくないと!」と、積極的に参加してくださる地元の方が多く、街の歴史と共に育まれてきた絆も感じられるひろ街となりました。
「『ひろう』という体験を通じて、ごみを『すてない』気持ちを育てたい。」ひろ街は、今年度も全国のさまざまなイベント会場での実施が予定されています。お近くで開催の際には、ぜひお立ち寄りください。

もっと見る

閉じる

  • ひろ街
ひろ街 in 静岡まつり
2019/04/18
こんにちは。JT ひろ街担当です。
徳川家康が将軍職を退いた後に居城した駿府城のある静岡県静岡市。駿府で家康が大名・旗本などを引き連れて花見をしたという故事をもとに始まった「静岡まつり」は、静岡市で長らく親しまれている桜の季節のお祭りです。
駿府城や市街地を中心に様々な催しが行われた4月5日(金)から4月7日(日)、お祭りの会場にてひろ街こと「ひろえば街が好きになる運動」を行いました。
満開の桜のもと、豪華絢爛な装束を身にまとった総勢400人の参加者たちが駿府城下を練り歩く「大御所花見行列」、約10年ぶりに復活した「駿府鉄砲衆火縄銃演武」など、時代絵巻さながらの華やかさに包まれた市内。日が暮れたあとには、静岡市内で継承される迫力ある手筒花火や20年以上も続く市民参加の総踊り「夜桜乱舞」が行われ、夜の静岡を盛り上げていました。
お祭りのメインエリアである駿府城公園内に設置されたひろ街ブースにも、たくさんの方が立ち寄ってくださいました。市民参加型の都市祭りとして60年位以上も開催されていることもあいまって、皆さんの地元への愛と想いも感じられるひろ街となりました。
「『ひろう』という体験を通じて、ごみを『すてない』気持ちを育てたい。」ひろ街は、今年度も全国のさまざまなイベント会場での実施が予定されています。お近くで開催の際には、ぜひお立ち寄りください。

もっと見る

閉じる