JTグループの事業概要

JTグループは、130以上の国と地域で製品を販売するグローバルたばこメーカーです。
たばこ事業に加え、医薬事業と加工食品事業も展開しています。

*
情報はいずれも2022年度時点

売上収益構成比(2022年度)

生産拠点(2022年12月末現在)

たばこ事業

たばこ事業は、2022年よりスイス・ジュネーブに本社機能を設け、世界各国でたばこ製品を製造販売しております。
主な市場として、日本、フィリピン、台湾、イタリア、スペイン、英国、ルーマニア、ロシア、トルコが挙げられます。
製品ポートフォリオにはPloomやLogicなどのRRP*に加え、Winston、Camel、MEVIUS、LDといったCombustiblesのトップブランドがあります。

*
RRP(Reduced-Risk-Produsts):喫煙に伴う健康リス子を低減させる可能性のある製品

たばこ事業のSWOT分析

グローバルな事業環境

たばこ事業は、販売数量で世界第3位*を誇り、世界における販売数量シェア上位10ブランドを製造・販売しています。

*
China National Tobacco Corp.(中国専売公社)を除く

たばこ事業における主要市場シェア(2022年度)

より詳しくJTグループのたばこ事業について知りたい方はこちら

医薬事業

医薬事業は、「循環器・腎臓・代謝」「免疫・炎症」「中枢」の3領域を中心に、医療用医薬品の研究開発、製造販売を行っています。
主要な製品には、「コレクチム®軟膏0.5%、0.25%」「リオナ®錠250mg」「エナロイ®錠2mg、4mg」などがあります。

医薬事業のSWOT分析

より詳しくJTグループの医薬事業について知りたい方はこちら

加工食品事業

加工食品事業は、冷凍麺、冷凍お好み焼、パックごはんを主力とする冷食・常温事業、酵母エキス調味料などを主力とする調味料事業を展開しています。
主要な製品には、冷凍麺の「冷凍さぬきうどん」や、冷凍お好み焼の「ごっつ旨いお好み焼」、酵母エキス調味料「バーテックス」などがあります。

加工食品事業のSWOT分析

より詳しくJTグループの加工食品事業について知りたい方はこちら