個人投資家の皆様

決算通信(2019年度第2四半期)

当社は2019年7⽉31⽇に2019度第2四半期決算を発表しました。
今回の決算におけるポイントは以下のとおりです。

全社業績

当社グループの全社利益目標である為替一定ベースの調整後営業利益の成長率は、前年同期比5.9%増となりました。これは、主にたばこ事業の好調なパフォーマンスが、医薬事業の減益を上回ったことによるものです。

【実績】

  • 売上収益は、国内たばこ事業の増収及び海外たばこ事業の堅調なパフォーマンスはあったものの、海外たばこ事業における現地通貨対ドルのネガティブな為替影響、医薬事業及び加工食品事業での減収により、前年同期比1.6%減の1兆585億円となりました。

  • 財務報告ベースの調整後営業利益は、国内たばこ事業及び加工食品事業における増益はあるものの、海外たばこ事業及び医薬事業における減益により、前年同期比9.4%減の2,878億円となりました。

  • 営業利益及び親会社の所有者に帰属する四半期利益は、調整後営業利益の減益、不動産売却益の減少等はあるものの、医薬事業における抗HIV薬6品の国内ライセンス契約(以下、「ライセンス契約」)解消に係る一時金収入等により、それぞれ前年同期比3.0%増の3,113億円、4.8%増の2,265億円となりました。

【見込】

  • 売上収益は、医薬事業の減収幅縮小を見込むものの、主に国内たばこ事業におけるRRP*販売数量前提の見直しにより、300億円下方修正し、前年度比2.1%減の2兆1,700億円を見込んでいます。

  • 為替一定ベースの調整後営業利益は、国内たばこ事業におけるRRP販売数量前提の見直しはあるものの、海外たばこ事業において上期の堅調なモメンタムを反映したこと、医薬事業における調整後営業利益の上方修正等がこれを相殺し、年度当初見込から変更なく、前年度比2.4%増の6,100億円を見込んでいます。財務報告ベースでは、為替前提の見直しにより、230億円下方修正し、前年度12.2%減の5,230億円を見込んでいます。

  • 営業利益及び親会社の所有者に帰属する当期利益は、主に為替前提の見直しにより、それぞれ220億円、100億円下方修正し、前年度比8.3%減の5,180億円、6.7%減の3,600億円を見込んでいます。

*

喫煙に伴う健康リスクを低減させる可能性のある製品をReduced-Risk Products(RRP)としております。

国内たばこ事業

  • 紙巻販売数量は、2018年10月に実施した定価改定の影響、RRP市場の拡大及び趨勢減により紙巻総需要が減少したこと、これに加えて、低価格帯での競争激化により、前年同期比7.5%減の373億本となりました。

  • 自社たばこ製品売上収益は、紙巻販売数量の減少影響があったものの、紙巻単価上昇効果及びRRP関連売上収益の増加により、前年同期比3.7%増の2,823億円となりました。このうち、RRP関連売上収益は前年同期と比較して92億円増加し304億円となりました。

  • 調整後営業利益は、紙巻販売数量の減少影響があるものの、紙巻単価上昇効果等により、前年同期比5.5%増の1,092億円となりました。

海外たばこ事業

  • 総販売数量は、ギリシャ・バングラデシュ・ロシアにおける買収効果により、前年同期⽐8.2%増の2,225億本となりました。GFB(グローバル・フラッグシップ・ブランド)販売数量は、前年同期比4.4%増の1,363億本となりました。

  • 為替一定ベースの自社たばこ製品売上収益(ドルベース)は、各国における単価上昇効果及び数量効果により、前年同期比8.5%増の6,187百万ドルとなりました。為替影響を含めたベースでは前年同期比3.2%減の5,520百万ドルとなりました。

  • 為替一定ベースの調整後営業利益(ドルベース)は、主に単価上昇効果により、9.3%増の2,155百万ドルとなりました。為替影響を含めたベースでは14.5%減の1,685百万ドルとなりました。

医薬事業

  • 売上収益は、ライセンス契約解消の影響等により前年同期比21.4%減の418億円となりました。

  • 調整後営業利益は、売上収益の減少により前年同期比49.8%減の57億円となりました。

加工食品事業

  • 売上収益は、パックご飯等のステープル(主食)商品や調味料の販売が伸長したものの、その他商品の販売減少により、前年同期比2.1%減の754億円となりました。

  • 調整後営業利益は、原材料費及び物流費の上昇があるものの、価格改定効果、商品構成の改善及びコスト低減により前年同期比11.6%増の16億円となりました。

1株当たり配当金につきましては、安定的・継続的な成長を目指す方針に変わりはありません。2019年度の1株当たり年間配当金は、当初お示した金額から変更はなく154円を予定しており、中間配当金は77円をお支払いする予定です。

・決算に関する詳細情報は、下記をご覧ください。

・最新のリリースは、下記をご参照ください。

2019年度プレスリリース

ご質問、ご意見などございましたら、お電話もしくはインターネット(フォーム)で承っております。
また、お客様から多くお寄せいただくご質問については、「よくある質問」にも掲載しております。