JTマーヴェラス

2017/18V・プレミアリーグ 第2Leg 久光製薬スプリングス戦結果

2017/18V・プレミアリーグ 第2Leg 久光製薬スプリングス戦をご紹介しています。

スコア

12月2日(土) 加古川市立総合体育館(兵庫)
JTマーヴェラス
久光製薬スプリングス
JTマーヴェラス 1 26-24
22-25
16-25
23-25
3 久光製薬スプリングス
打数 得点 失点 評価 データ 打数 得点 失点 評価
140 60 4 42.9% アタック 156 72 7 46.2%
18 11 1 61.1% (内バックアタック) 4 1 1 25.0%
- 5 - 1.25本 ブロック - 5 - 1.25本
88 2 6 9.1% サーブ 98 6 7 13.8%
- - - 58.4% サーブレシーブ - - - 63.4%
  • 出場メンバー

    第1セット
    9
    ミハイロヴィッチ
    7
    田中(美)
    3
    奥村



    1
    芥川
    6
    金杉
    2
    田中(瑞)

    (10)
    井上

    L小幡
    第2セット
    9
    ミハイロヴィッチ
    7
    田中(美)
    3
    奥村



    1
    芥川
    6
    金杉
    2
    田中(瑞)

    (10)
    井上

    L小幡
    第3セット
    9
    ミハイロヴィッチ
    7
    田中(美)
    3
    奥村


    (16)
    山本
    1
    芥川
    6
    金杉
    2
    田中(瑞)

    (10)
    井上

    L小幡
    第4セット
    9
    ミハイロヴィッチ
    7
    田中(美)
    3
    奥村



    1
    芥川
    6
    金杉
    2
    田中(瑞)
    (16)
    山本
    (10)
    井上

    L小幡
  • マッチレビュー

    1セット先取するも惜敗!

    「2017/18V・プレミアリーグ」第2Leg第5戦。第2Leg 4連勝中のJTマーヴェラスは今シーズン初のホームゲームで現在首位の久光製薬スプリングスを迎え討ちました。

    第1セットは序盤から一進一退の攻防が続きます。流れが変わったのは、14-17で迎えたJTマーヴェラス1回目のタイムアウト明け。ミハイロヴィッチの強烈なスパイクを機に連続5得点。その後はミハイロヴィッチの攻撃を中心に優位に試合を進めJTマーヴェラスがセットポイントを先取します。その後ジュースに持ち込まれますが、最後はミハイロヴィッチの強烈なスパイクが決まり26-24でJTマーヴェラスが第1セットを先取します。

    第2セットも終始拮抗した展開となります。JTマーヴェラスの攻撃陣は全員で攻め続けますが、相手チームも応戦し中盤から終盤にかけて逆転に次ぐ逆転の展開。終盤ミハイロヴィッチ、田中(瑞)の連続得点で21-21と同点に追いついた場面で、相手チームがタイムアウト。続いてミハイロヴィッチのサービスエースで22-21と逆転した場面でもすかさず相手チームがタイムアウト。これで相手チームに流れを奪われ、連続4失点を喫し22-25と第2セットを奪われます。

    第3セット、JTマーヴェラスはミハイロヴィッチ、金杉、田中(瑞)らのスパイクで果敢に相手チームを攻めますが、中盤以降相手チームの猛攻に遭い、2回目のテクニカルタイムアウト時点で11-16と5点差をつけられます。その後終盤にかけても流れを変えられず16-25と9点差をつけられて第3セットを奪われます。

    流れを変えたい第4セットは、出だしから拮抗した展開に。JTマーヴェラスは、芥川、ミハイロヴィッチ、田中(瑞)を中心に攻撃を仕掛けますが、相手チームも応戦し、終始リードを許したまま試合が展開されます。粘りを見せたいJTマーヴェラスですが、終盤相手チームの猛攻に遭い18-23と5点差をつけられた場面でJTマーヴェラス2回目のタイムアウト。その後、ミハイロヴィッチのスパイク、金杉らの攻撃で23-24と1点差まで詰め寄りますが、最後は相手チームのスパイクが決まり、23-25と僅差で第4セットも奪われます。

    第1セットを先取したJTマーヴェラスでしたが、競った展開が続いた試合をものにできず、セットカウント1-3で惜敗しました。
  • コメント

    吉原知子監督

    今シーズン初めてのホームゲームで、たくさんの方々の熱いご声援、本当にありがとうございました。試合は相手チームの攻撃に終始翻弄され、ブロックとレシーブの対応をできなかったことが敗因です。ただ、良い部分もあったので、継続して強化していき、明日の試合までに修正すべき点は改善して臨んでいきたいと思います。
    引き続き温かいご声援よろしくお願いします。
JTマーヴェラス
JTマーヴェラス