JTグループの調達方針と規範

JTグループが取引するすべてのサプライヤー(葉たばこディーラー含む)へ、JTグループサプライヤー行動規範の遵守をお願いしています。サプライヤー選定は、品質、価格、およびサービスの評価に基づき行い、JTグループ調達基本方針にもこれを掲げています。また、直接契約農家と葉たばこディーラーには、JTグループ葉たばこ生産基本方針を遵守することが義務付けられています。

JTグループのサプライヤーは多岐にわたりますが、葉たばこサプライチェーンではデューディリジェンスを実施し、農家における耕作の実態を含むサプライチェーン全体について、あらゆる角度から審査しています。

  • サプライチェーン影響評価

  • 耕作労働規範(Agricultural Labor Practices:ALP)

  • ARISEプログラム

  • 葉たばこ農家支援プログラム


JTグループ調達基本方針

JTグループでは、調達における社会的責任の観点から、その基本姿勢を示すものとして、「JTグループ調達基本方針」を定め、取引先様の協力の下、本方針に基づいたグループ・グローバルベースでの調達活動を推進しています。

私たちは、「自然・社会・人間の多様性に価値を認め、お客様に信頼される『JTならではのブランド』を生み出し、育て、高め続けていくこと」をJTグループミッションとして掲げています。JTグループは、このグループミッションを遂行するため、本基本方針に則った調達活動を実施して参ります。

1.コンプライアンスの実践

  • 調達活動に関係する法令・規則等を遵守し、社会的規範に則して行動します。

  • 調達活動に際して取引先様から入手した情報を適切に管理します。

  • JTグループコンプライアンスの行動規範等に則り、適切かつ誠実な調達活動を実施します。

2.環境への配慮

「JTグループ環境方針」の基本理念に基づき、環境に配慮した調達活動を実施します。

3.取引先様の選定

取引先様の選定は、品質、価格及びサービスの評価に基づき行います。とりわけ、JTグループに提供する財・サービスについて実績があり、安定供給能力があることを考慮します。これらに加えて、以下の項目についても重要な判断事項とします。

  • 各国・地域の関連法令を遵守していること。

  • 人権及び社会的規範を尊重した事業運営を行っていること。

  • 環境に配慮した事業運営を行っていること。

  • 機密情報や営業秘密などの取引相手から提供された情報を適切に管理していること。

  • 経営上及び財務上安定した、継続性のある事業運営が維持されていること。


サプライヤー行動規範

世界各国で事業を展開するJTグループにとって、サプライチェーンにおける責任ある調達への取り組みは重要な課題のひとつです。JTグループでは、人権・労働安全衛生・環境等の分野において、取引先様へ遵守をお願いしたい事項をJTグループサプライヤー行動規範と定め、取引先様と共有しています。また、遵守状況を確認する取り組みの一つとして、定期的なアンケート調査を2015年度より実施しています。今後も取引先様と共に、サプライチェーン全体での人権や労働問題等の未然防止・問題解決に向け、継続的に取り組んでまいります。


葉たばこ生産基本方針

葉たばこはJTグループのたばこ事業を支える原料であることから、葉たばこ生産においては、品質向上や信頼性の確保、持続可能な生産活動を推進しています。「JTグループ葉たばこ生産基本方針」においてJTグループの葉たばこ生産に対する姿勢を具体的に示しています。

JTグループでは、お客様を中心として、株主、従業員、社会の4者に対する責任を高い次元でバランスよく果たし、4者に対する満足度を高めていくことを経営理念に掲げ、事業運営を行っています。
JTグループは、たばこ製品の原料である「葉たばこ」を、葉たばこ農家と契約し、栽培されたものを、最適な品質・コストで、安定的に購買、除骨処理*1しています(以下、葉たばこの「生産」と呼びます)。
私たちは、この葉たばこ生産においても上述の経営理念を追求するため、「JTグループ葉たばこ生産基本方針」を定め、関連各国において本方針に則った活動を実践してまいります。

  • 「JTグループ行動規範」に則り、持続可能な葉たばこ生産活動を実践します。

  • 「JTグループ環境憲章」を遵守し、環境負荷の低減、資源の効率的な利用、生物多様性への配慮に努めます。

  • お客様の嗜好やニーズを的確に捉え、それに適合した葉たばこの生産に努めます。

  • GAP*2遵守の推進を通じて、葉たばこの品質向上と信頼性の確保に努めます。

具体的には、以下について、契約農家と共に実践してまいります。

1.

各国や地域の法令、社会規範の遵守

2.

人権の尊重、児童労働・強制労働の禁止

3.

安全衛生の担保

4.

たばこ種子や品種の適切な管理

5.

エネルギー効率の向上や森林、土壌、水源、生物多様性の保全による、環境への配慮

6.

IPM*3の活用を含む、農薬の適正使用と低減の推進

7.

異物混入防止の徹底

8.

持続可能な葉たばこ農家経営への配慮

9.

輸送、貯蔵時における葉たばこの適切な管理

また、私たちは、これらの実現に向け、葉たばこ生産に従事するJTグループ社員に対する教育、並びに葉たばこ農家および関係者に対する協力を行ってまいります。
なお、一部原料については葉たばこサプライヤー*4から購買していますが、葉たばこサプライヤーからの購買においては、「JTグループ調達基本方針」に則った取引を行うとともに、葉たばこサプライヤーに対しても本基本方針に則った葉たばこの生産を求めてまいります。

JTグループでは、「JTグループ葉たばこ生産基本方針」を定めるとともに、児童労働の防止、労働者の権利の尊重、適切な労働安全衛生対策の維持に関する「耕作労働規範」を定め、葉たばこ農家の皆様に遵守をお願いしています。

*1

除骨処理:葉たばこの葉肉と葉脈を分離し、輸送・貯蔵・保管しやすい形態に梱包する処理のことです。

*2

GAP: Good Agricultural Practice:土壌、水、大気、生態系といった環境の保全、改善に配慮しつつ高品質な葉たばこを生産する一方で、葉たばこ生産の経済的な持続性にも配慮する取り組みのことです。

*3

IPM: Integrated Pest Management:病害虫・雑草に対して、生物学的、耕種的、物理的、化学的な手段を組み合わせることによって、安全性および環境に与える影響の最小化を図る持続可能な防除アプローチのことです。

*4

葉たばこサプライヤー:たばこ会社に対し、農家から仕入れた葉たばこを供給する業者のことです。


耕作労働規範

JTグループの耕作労働規範(ALP)は、国際労働機関(ILO)の条約および勧告に基づいています。ALPは「児童労働の防止」「労働者の権利尊重」「適切な労働安全衛生の維持」の3つを基本としています。

ALPでは継続的改善に努めており、JTグループと葉たばこサプライヤー双方にとって、葉たばこ耕作の現場における課題を特定し、労働慣行を改善するのに役立っています。またサプライチェーン・デュー・ディリジェンスの一環として、葉たばこ農家コミュニティを社会面から支え、葉たばこ耕作のみならず広く持続可能な農業を行っていけるよう支援しています。契約農家からの直接調達であるか、葉たばこディーラー経由での調達かにかかわらず、JTグループに葉たばこを供給する農家にはALPに基づく活動の実践が義務付けられます。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerはアドビシステムズ株式会社より無償配布されています。