たばこ事業

JTグループの中核事業は連結収益の約90%を占めるたばこ事業です。世界各地の30以上の工場で製造された、紙巻等の既存たばこ製品を130以上の国と地域で販売しています。また既存たばこ製品に加えて、電子たばこや加熱式たばこを含むRRP*も販売しています。

*

Reduced-Risk Products(RRP):喫煙に伴う健康リスクを低減させる可能性のある製品

たばこについては様々な意見があり、それゆえ、たばこ事業の運営は誠実で透明であるべき、との社会の期待は大きいと、私たちは考えています。こうした社会の期待に応えるために私たちは自らを律するたばこ事業運営指針およびJTグローバルマーケティング原則を定め、忠実に実行していきます。また、喫煙はリスクを伴うものと私たちは認識しており、私たちが喫煙と健康に関する様々な問題についてどのように考えているのか、お知らせするべきであると考えています。それぞれの具体的な内容については、以下をご覧ください。

以下の4つ注力分野では、たばこ事業全体を通じて、私たちがどのようにサステナビリティに取り組んでいるかをご紹介します。

たばこ事業のバリューチェーン

たばこ事業のバリューチェーン

4つの注力分野