事業を通じたサステナビリティへの取り組み

加工食品事業

加工食品事業では、「一番大切な人に食べてもらいたい」という想いのもと、「お客様に安全でかつ、おいしく、安心してお召し上がりいただける」製品づくりを進めています。今後も暮らしの源である「食」の世界を通じて、お客様から支持され続ける存在を目指していきます。

わたしたちは、安全で高品質な食品をお客様にお届けすることを使命として掲げています。食の安全に関わる私たちの調達方針は、原材料調達から製造委託まで、すべてのサプライヤーをカバーしています。また、製品や製造プロセスの環境負荷軽減についても、継続的に取り組んでいます。

2019年を通して、加工食品事業のサステナビリティ戦略に関する議論を重ね、3つの注力分野と8つの具体的な取り組み目標を設定しました。

加工食品事業における取り組み

■ 4つの視点による食の安全管理

  • フードセーフティ(Food Safety)

  • フードディフェンス(Food Defense)

  • フードクオリティ(Food Quality)

  • フードコミュニケーション(Food Communication)

詳しくは統合報告書、および過去のサステナビリティレポートをご覧ください。

関連サイト

加工食品事業のバリューチェーン*1


* 1 この図は、冷凍食品と常温食品のバリューチェーンを表したものです。
* 2 私たちは、取引業者や契約工場に原材料を提供している農家などの原材料製造業者と直接取引を行っておりません。