事業を通じたサステナビリティへの取り組み

医薬事業

医薬事業では、安全に、かつ安心してお使いいただける、画期的なオリジナル新薬を一日も早く患者様にお届けすることをミッションに掲げています。私たちは、人の生命に直結した事業を行なうため、関連法規制や業界規準を厳しく遵守するに留まらず、高い倫理観と強い責任感に基づいて、臨床開発や販売情報提供活動、また動物実験や化学物質管理に取り組んでいます。

私たちは、世界に通用する画期的なオリジナル新薬の創出を目指し研究開発に取り組んでいます。研究開発はJTが担い、日本における製造と販売についてはグループ会社である鳥居薬品が担っています。海外では他の製薬企業への導出を行っているため、販売機能は有していません。

2019年を通して、医薬事業のサステナビリティ戦略に関する議論を重ね、3つの注力分野と5つの具体的な取り組み目標を設定しました。

医薬事業における取り組み

■ 製薬事業に携わる者として高い規律の実現

  • 業界基準・ルールの遵守

  • 倫理保護・法規制・環境対応の遵守

  • 医療分野における啓発活動

詳しくは統合報告書、および過去のサステナビリティレポートをご覧ください。

関連サイト

医薬事業のバリューチェーン*


* この図はJTで製造(開発)し、鳥居薬品が販売するバリューチェーンを示したものです。