事業を通じたサステナビリティへの取り組み

たばこ事業

JTグループの中核事業は連結収益の約90%を占めるたばこ事業です。世界各地の30以上の向上で製造された、紙巻たばこ等既存製品を130以上の国と地域で販売しています。また既存製品に加え、電子たばこや加熱式たばこを含む「リスク低減製品(RRP)*」も販売しています。

2017年にサステナビリティの戦略骨子を構築し、2018年には、4つの注力分野に対し、取り組みの進捗を確認するベンチマークとして、11の個別の目標を設定しています。詳しくはJTグループのサステナビリティ戦略をご参照ください。

* リスク低減製品(RRP):喫煙に伴う健康リスクを低減させる可能性のある製品

たばこ事業の4つの注力分野

お客様の期待を上回る製品・サービスの提供
(リスク低減製品)

私たちは、品質、イノベーション、リスクの低減に注力し、お客様により多くの選択肢を提供します。

人財への投資

私たちは、人財への投資を通じて、従業員や社会から選ばれる企業になることを目指します。

持続可能なサプライチェーンの構築

私たちは、環境・社会面でのリスク低減に取り組み、サプライチェーン全体で透明性と責任ある活動を実践します。

事業を取り巻く規制への適切な対応と
不法取引の防止

私たちは、公正でバランスの取れた規制策定に向けた政策立案に積極的に協力します。また、不法取引に対処するために各国政府との連携を強化します。

詳しくはサステナビリティレポートをご覧ください。

たばこ事業のバリューチェーン

関連サイト