社外からの評価

JTグループのサステナビリティの取り組みに対する社外からの評価をご紹介します。

なでしこ銘柄

なでしこ銘柄2019

JTは、女性活躍推進に優れた上場企業として「なでしこ銘柄」に選定されました。

  • 発表時期:2020年3月

Science Based Targets

Science Based Targets

2019年、パリ協定に準じた温室効果ガス削減目標を策定し、国際的イニシアチブであるSBTi(Science Based Targets Initiative)よりSBTとして承認されました。

  • 発表時期:2019年2月

健康経営優良法人~ホワイト500~

健康経営優良法人~ホワイト500~

優良な健康経営を実践している法人として「健康経営優良法人2020(大規模法人部門、通称「ホワイト500」)」に認定されました。本制度が開始された2017年から4年連続の認定となります。

  • 発表時期:2020年3月

Top Employer

Top Employer

2020年、海外たばこ事業はTop Employers Instituteから6年連続でGlobal Top Employerとして認定されました。

  • 発表時期:2020年2月

Equal Salary Employer

Top Employer

海外たばこ事業の本社であるJTIは、ジュネーブに本社機能を持つ多国籍企業の中で初めて、性別に関係なく公平な給与を実現している企業として、EQUALSALARY財団からEqual Salary Employerとして認定されました。

  • 発表時期:2019年1月

国際的な環境情報開示プラットフォームのCDP

国際的な環境情報開示プラットフォームのCDP

気候変動への取り組みにおいて、CDPの最高評価「Aリスト」に選定されました。

  • 発表時期:2020年1月

     

国際的な環境情報開示プラットフォームのCDP

サプライチェーンにおける気候変動への取り組みも優れているとして、初めてサプライヤー・エンゲージメント・リーダーにも選出されました。

  • 発表時期:2020年2月

     

また、気候変動に対する、JTグループの取り組みが評価され、CDPよりベストプラクティス企業として、2年連続で紹介されました。

  • 発表時期:2020年1月

     

国際的な環境情報開示プラットフォームのCDP

水セキュリティへの取り組みにおいて、CDPの最高評価「Aリスト」に選定されました。

  • 発表時期:2020年2月

プラチナくるみん認定

プラチナくるみん認定

子育てをより高い水準でサポートする特例認定企業として「プラチナくるみん」に認定されました。

  • 発表時期:2019年

LGBTに関する取り組みの評価指標(PRIDE指標)

LGBTに関する取り組みの評価指標


企業のLGBTへの取り組み評価指標である「PRIDE指標」で最高評価の「ゴールド」を獲得しました。

  • 発表時期:2019年10月

Dow Jones Sustainability Indices

Dow Jones Sustainability Indices

「Dow Jones Sustainability Asia Pacific Index」の構成銘柄に6年連続で選定されました。また、たばこ業界における順位も2位に浮上しました。

・社会、環境、経済すべてのカテゴリーにおいて、点数とランキングが向上

・社会

業界1位の評価。「Corporate Citizenship and Philanthropy」「Social Reporting」において満点を獲得

・環境

「Environmental Reporting」「Climate Strategy」において満点を獲得

・経済

「Materiality」において満点を獲得

・「SAM Bronze Class 2020」「SAM Industry Mover 2020」に初めて選定

  • 発表時期:2019年9月

FTSE Blossom Japan

FTSE Blossom Japan

「FTSE Blossom Japan」の構成銘柄に採用されました。

  • 発表時期:2020年2月

Global Child Forum

Global Child Forum

JTグループは、Global Child Forumによる2019年の“Global Corporate Sector and Children’s Rights Benchmark Report”(「児童の権利と企業に関するベンチマークレポート」)の“The State of Children’s Rights and Business: From Promise to Practice”の中で児童の権利について“Leader”ランクという高い評価を受けました。

  • 発表時期:2019年11月

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerはアドビシステムズ株式会社より無償配布されています。