各地の森からの近況報告をお届けします!

2014年5月

積丹にも“春”が到来!

2014/05/12
積丹町役場 春の雪だるマン

積丹も、長~い冬が終わり、ようやく春が来ました。

春紅葉(はるもみじ)が見頃を迎えております。春先のほんのわずかな期間だけ見られる現象で、光合成が本格化するまでの間、葉緑素が少なく緑が薄い状態で、葉が黄色や褐色になっています。それと、若葉の黄緑色のコントラストがとてもきれいです。

photo

トドマツの濃い緑と、イタヤカエデなどの赤みがかった褐色。
シラカンバなどの黄緑の若葉。とても、きれいです。

photo

イタヤカエデの花も咲いていました。

photo

北海道では、北コブシが真っ先に白い花をつけ、エゾヤマザクラのピンクの花が続きます。イタヤカエデの黄色い花と他の広葉樹が葉をつけるまでの間は、山林にポツポツと白やピンクが目立ちます。

「JTの森 積丹」でも、ミズナラやカラマツの若葉が、待っていましたとばかりに、手を広げています。

photo
photo

今年の春の森林保全活動は、6月14日(土)に決定しました。
今回は下草刈りなのですが、雪解けが遅かったため、下草が伸びきるか心配です。

おまけ!
積丹の四季です。

photo
photo
photo

並べて見ると良く分かりますが、季節で表情が変わります。
自然ってスゴイですね。

※真夏と真冬の写真がありませんでしたので、今年は忘れず撮影します。