各地の森からの近況報告をお届けします!

2016年1月

森づくりセミナー&活動報告会~庄内地域~

2016/01/30
JT東北支社 森の妖精

1月30日(土)に山形県および、やまがた公益の森づくり支援センターが主催する「平成27年度森づくりセミナー&活動報告会」(庄内地域)に参加しました。

当日は、森づくりや環境・社会貢献活動の有識者による基調講演のほか、「やまがた絆の森協定」参加企業やボランティア団体、市町村などによるパネル展示や活動報告が行われました。

photo

活動の概要をパネル展示で紹介。

JT東北支社は協定参加企業の一員として、JTグループの森林保全活動や「JTの森 鶴岡」での活動成果を発表。

「JTの森 鶴岡」では、海からの強風や飛砂から農地や暮らしを守るために、クロマツ海岸砂防林の機能向上を目指しています。活動にあたっては、山形県、鶴岡市といった行政、下川生産森林組合、出羽庄内森林組合、地域の方々との協働で取り組んでいます。

発表の中では、クロマツの植え替えや下刈、除伐、マガジンラックを作製した木工教室の様子などを紹介しました。

photo

当日は5つの企業・団体が活動成果を発表。

各団体の発表後は、山形大学農学部の林田光祐教授が総括として、

「それぞれの発表内容に共通していたのは、“森づくりの大切さ”“自然の素晴らしさ”について、子どもたちにどのように伝えるかを真剣に考えているということ。地元の子どもたちでさえワラビ採りに行ったことがないという話には、ショックを受けました。今日はさまざまな団体が一堂に集まりましたが、このようなネットワークが大切です。各企業や団体同士、あるいは各企業や団体と自治体とをつなぐ役割がますます重要になってくると思います」

との感想を述べられました。

今回の参加を通じて「JTの森」の活動を広く知ってもらえただけでなく、参加企業や団体同士の交流や情報交換にもつながり、とてもよい機会となりました。