JTグループ調達基本方針

JTグループでは、調達における社会的責任の観点から、その基本姿勢を示すものとして、「JTグループ調達基本方針」を定め、取引先様の協力の下、本方針に基づいたグループ・グローバルベースでのCSR調達を推進しています。

JTグループ調達基本方針

私たちは、「自然・社会・人間の多様性に価値を認め、お客様に信頼される『JTならではのブランド』を生み出し、育て、高め続けていくこと」をJTグループミッションとして掲げています。JTグループは、このグループミッションを遂行するため、本基本方針に則った調達活動を実施して参ります。

1.コンプライアンスの実践
  • 調達活動に関係する法令・規則等を遵守し、社会的規範に則して行動します。

  • 調達活動に際して取引先様から入手した情報を適切に管理します。

  • JTグループコンプライアンスの行動規範等に則り、適切かつ誠実な調達活動を実施します。

2.環境への配慮

「JTグループ環境憲章」の基本理念に基づき、環境に配慮した調達活動を実施します。

3.取引先様の選定

取引先様の選定は、品質、価格及びサービスの評価に基づき行います。とりわけ、JTグループに提供する財・サービスについて実績があり、安定供給能力があることを考慮します。これらに加えて、以下の項目についても重要な判断事項とします。

  • 各国・地域の関連法令を遵守していること。

  • 人権及び社会的規範を尊重した事業運営を行っていること。

  • 環境に配慮した事業運営を行っていること。

  • 機密情報や営業秘密などの取引相手から提供された情報を適切に管理していること。

  • 経営上及び財務上安定した、継続性のある事業運営が維持されていること。

JTグループでは、「JTグループ調達基本方針」を定めるとともに、JTグループとお取引をいただいている取引先様に遵守をお願いしたい事項を「JTグループサプライヤー行動規範」として掲げています。

関連サイト

取引先様へ

JTグループでは、今後CSR調達を推進していくためには取引先様のご協力が不可欠であると考えております。本方針及び「JTグループサプライヤー行動規範」へのご理解・ご協力の程宜しくお願いします。