JTグループ環境長期計画

JTグループでは、「JTグループ環境憲章」を具体化するため、2020年に向けた環境長期計画を2014年に策定しました。
この計画では、次の4領域を重点分野として中長期にわたる改善目標と取り組みをまとめています。

  • 温室効果ガスの排出量削減による地球温暖化防止

  • 持続可能な水の利用を通じた水資源保全

  • 持続可能な生物資源の利用を通じた生物多様性保全

  • 資源の有効活用による資源循環

この環境長期計画により、JTグループ全体(海外たばこ事業、国内たばこ事業、医薬事業、加工食品事業のすべての子会社を含む)での環境負荷低減への取り組みを強化していきます。

地球温暖化防止

気候変動は今日の世界が直面する最大の環境問題の一つです。気候変動は農作物の成長パターンや収穫量に悪影響を与えるおそれがあり、また製品や包装に使用される葉たばこ以外の材料品の生産にもサプライチェーン全体にわたって悪影響を与えるおそれがあります。
気候変動、温室効果ガスの排出、そしてエネルギーの使用の間には密接な関係があるため、化石燃料の使用や温室効果ガス排出量の削減に取り組むことは、JTグループにとってメリットがあると同時に、企業としての責任でもあると考えています。

温室効果ガス排出量の削減目標

JTグループ環境長期計画では、2020年に向けた温室効果ガス排出量の削減目標を設定しています。

  • 2020年までに、JTグループの温室効果ガス排出量(スコープ1と2)を、対 2009年比で20%削減する。

  • 2020年までに、たばこ100万本当たりの温室効果ガス排出量(スコープ1と2)を、対2009年比で20%削減する。

  • JTグループのバリューチェーン全体の温室効果ガス排出量の継続的把握を通じ、効果的な削減策を策定する。

製造工場での継続的なエネルギー使用状況調査や業務用車両の燃費向上など、さまざまな省エネルギー施策を通じて、この目標の達成を目指します。

温室効果ガス排出量実績

JTグループの温室効果ガス排出量(スコープ1と2)実績は以下のグラフの通りです。
2015年のスコープ1の温室効果ガス排出量を2014年比で4.5%削減、スコープ2の排出量を5.3%削減しました。これは主に各事業所で省エネルギー施策を継続的に実施したことによるものです。

たばこ事業における、たばこ100万本あたりの温室効果ガス排出量は、現在のところ市場環境が思わしくないため、着実な改善が難しい状況にあります。今後この分野に重点を置いて取り組む予定です。

温室効果ガス排出量実績
バリューチェーン全体の温室効果ガス排出量を把握

JTグループでは、使用した燃料からの温室効果ガスの直接排出量(スコープ1)と購入した電力などからの間接的な排出量(スコープ 2)に加え、2011年からはJTグループのバリューチェーン全体からの温室効果ガス排出量(スコープ3)への取り組みも開始しています。海外たばこ事業では、物流企業と協力し、原材料や製品の輸送による排出量を減らす方法を検討しており、材料品サプライヤーとは、紙や段ボールなどの材料品製造から生じる排出量の削減方法を検討しています。

JTグループ全体のバリューチェーンの領域ごとの温室効果ガス排出量割合

水資源保全

JTグループでは、事業所の取水量と排水量実績を記録するとともに、CDPの枠組も考慮に入れた取り組みを行っています。また、2014年にパイロット版の水リスク評価を開始し、これまで10か所を超える事業所で実施しています。このパイロット評価から得られた情報をもとに水リスク評価手法を構築し、今後数年をかけてJTグループの各事業部門に展開していく予定です。

水使用量実績

2009年以降、JTグループの水使用量は減少しています。
2015年のJTグループ全体の取水量は2014年比で4.7%減少しました。

取水量

資源循環

JTグループ環境長期計画では、「Reduce(排出抑制)、Reuse(再使用)、Recycle(再資源化)」の継続的推進を通じた廃棄物削減を重点課題としています。廃棄物削減の取り組みを通じて、資源を保全し、環境負荷を低減し、廃棄にかかる費用を削減します。

廃棄物発生量実績

JTグループの2015年の廃棄物発生量は前年より0.8%増加しましたが、2009年度に比べると18.3%減少しています。

廃棄物発生量実績

生物多様性の保全

JTグループ環境長期計画では、世界中に広がった私たちの事業が生物多様性へ与える影響を評価していくことを謳っています。2015年にはブラジルのNGO「The Society for Wildlife Research and Environmentai Education」と共同で、葉たばこ農場における生物多様性を評価する方法を開発し、現在パラナ州の小規模たばこ農家で試験的に実施しています。このパイロット試験の結果を分析した後、このモデルをブラジル国内の他の葉たばこ耕作地域にも広げていくことを検討しています。