陸前高田市ブランド米「たかたのゆめ」

陸前高田市ブランド米「たかたのゆめ」とは、JTが開発・保有していた品種「いわた13号」を、岩手県陸前高田市の復興支援を目的として、同市に寄贈したオリジナルのブランド米です。JTグループでは復興支援の取り組みの一環として、陸前高田市と「たかたのゆめ」を今後もサポートしてまいります。

「たかたのゆめ」誕生ストーリー

JTが被災地復興支援として岩手県陸前高田市に寄贈した品種「いわた13号」。開発から20年の時を経て、オリジナルのブランド米「たかたのゆめ」として陽の目を見るまでの誕生秘話をご紹介します。

Chapter1 18グラム。わずかに残された可能性の「種」
JT植物イノベーションセンター内にある「長期種子貯蔵庫」。そこには開発された数多くの種もみが保管されていました。
詳細はこちら
Chapter2 現れた、たった一人の協力者
復興支援米として選ばれた「いわた13号」。しかし、陸前高田市での栽培農家が決まるまでには困難が待っていました。
詳細はこちら
Chapter3 東京から全国へと情報発信
「いわた13号」のブランド名が「たかたのゆめ」に決定すると、陸前高田市だけではなく、東京からもさまざまな情報発信が行われました。
詳細はこちら
Chapter4 「たかたのゆめ」のこれから
「たかたのゆめ」の取り組みは、長期的な復興支援を目的としたもの。取り組み活動は順調に広がりを見せています。
詳細はこちら