各地の森からの近況報告をお届けします!

2015年6月

「JTの森」を通して交流 ~積丹町・湯前町~

2015/06/16
湯前町役場 やまんじろう(ゲスト:春の雪だるマン)

■お読みになる前に……
今回の森便りは、湯前×積丹のコラボ企画です。本文は、湯前町の「やまんじろう」が担当。
合間に入る色付き文字は、積丹町「春の雪だるマン」が担当しています。

全国に9つある「JTの森」。
各地でそれぞれの目的に沿って森林の整備が進められ、またJTの森林保全活動を通じてJT社員と地元住民との親睦を深める取り組みが行われています。

「JTの森 ゆのまえ」でも5月16日(土)に森林保全活動を実施しましたが、「参加者の皆さまに森に親しんでいただく内容となっていたのか」「参加者と地元の住民との親睦が深められる内容であったのか」等、イベント終了後は反省することばかり……。

「もっと森に親しんでいただく方法はないか」「もっと参加者と地元の住民との距離が縮まる方法はないか」……。

……というわけで、井の中の蛙、大海に出てきました!

行き先は、鮮やかな積丹ブルーの海が広がる「JTの森 積丹」。
天候の影響で鮮やかな積丹ブルーの海ではありませんでしたが、絶景には変わりありませんでした。

photo
photo

積丹町はこれから夏本番! この日は海の色がイマイチでしたが、天気がよくなると、下の写真のように“積丹ブルー”の海が眼下に広がります。

photo
photo

「JTの森」を通した積丹町とゆのまえ町の交流の証として、お互いのイベントで使用している「JTの森 タオル」の交換を行いました。

photo

左:積丹町 松井町長  右:湯前町 鶴田町長

前夜は、JT・積丹町・湯前町でしっかり親睦を深めさせていただき、いよいよ「JTの森 積丹」森林保全活動の当日です。

外が明るくなっていたため、「寝坊したか!」と飛び起きて時間を見たところ、まだ午前4時。
午前4時過ぎでこの明るさです。

photo

寝坊と勘違いして飛び起きたため、目がパッチリ覚めて、この後寝られませんでした……。
九州と比べて北海道の夜明けは早いと聞いておりましたが、これほどに夜明けが早いとは思いませんでした。
九州の蛙、大海に出て、初めて井の中の夜明けと北海道の夜明けの違いを感じました。

「JTの森 積丹」森林保全活動会場です。
森の緑と空の青が鮮やかに映える「JTの森 積丹」です。

今回は、積丹川流域エリアでの活動でした。

photo

森の中には、「JTの森」が育んだきれいな水が流れています。

この川は、余別川。保護水面に指定されており、通年、川に生息する動植物の採取が禁止されています。春には、サクラマスが遡上する、海と森をつなぐ大切な川です。

photo

そして、「JTの森 積丹」森林保全活動がいよいよ開会です。
今回の活動内容は、「カラマツ林の除伐」。
除伐会場までは、晴天のもと、周囲の綺麗な景色を見ながら徒歩移動です。

photo

活動する班では、最初に自己紹介がありました。
「JTの森 ゆのまえ」の活動では、自己紹介の時間は設けていなかったため参考になりました。

せっかくの機会です。JT社員の皆さんと町民の交流を深めようと、毎回行っています。

photo

日光が適度に降り注ぐ気持ちのよい林内で、生育不良の木を除伐しました。

昨年の秋の活動では荒天のため活動が中止となり、この春のリベンジとなりました。

photo
photo

作業の後、参加者で丁寧に道具の後片付けです。こちらも参考になりました。

そして、体を動かした後はお楽しみの昼食です!
新鮮な海産物がたくさん入った「浜鍋」と「おにぎり」でした。本当においしすぎました。

昼食は、地元商工会の女性部の皆さんに、前日から丹精を込めて作っていただきました。
積丹町は海岸線が約43kmもありますので、料理はもちろん地元の海産物が入った「浜鍋」! ごちそうさまでした。

photo
photo

昼食の後は、「森の課外授業」。「JTの森 積丹」では毎回、水産科学博士の河村氏(町環境生態系保全技術アドバイザー)が「森と川と海のつながり」をテーマとした講話を行っております。今回の講話は、博士も気合十分で、変装した姿でやってきました!

photo
photo

今回初めて、他の「JTの森」の活動に参加させていただき、開会式・森林保全活動・課外学習・閉会式の一つ一つにおいて、今後の活動の参考になることが多くありました。

また、森林内の樹種や地形、気温等、環境は違っても、それぞれの目標に向かって「森づくり」を進める町同士の交流が始まったことは、お互いの町にとって大きな一歩になったと思います。
「JTの森」を通してつながった両町が、森づくりのみならず、さまざまな分野で交流を深め、お互いの取り組みを高めていければと思っております。積丹町の皆さま、ありがとうございました。

この度は、当町にお越しいただきありがとうございました。「JTの森」を介して両町の交流が深められ、地域の振興につながることを期待しています。「JTの森」に感謝です。今後ともよろしくお願いいたします。

おまけ!
これは、“積丹竹”と言われており、竹の表面に黒い班(ふ)があることから、昔の“きせる”の胴(羅宇)として珍重されていたそうです。かつては、町内各所に群生していたようですが、現在は一部を残すだけとなっています。

photo
photo

梅雨入り……

2015/06/03
湯前町役場 やまんたろう

熊本は6月2日(火)に梅雨入りしたとのこと……。

ダンゴムシ → 避難打ち合わせ会議

photo

カタツムリ → デート中

photo

カメ → 大雨対策思案中

photo

6月3日(水)は早朝より大雨警報発令(発表)でしたが、夕方には回復。
雨上がりはいつもより景色がいいと感じます。

photo