人権の尊重

JTグループの取り組み

JT グループ人権方針は、「ビジネスと人権に関する国連指導原則」(UNGP)に則ったものであり、JTグループのみならずサプライヤーやその他協力企業の事業活動をモニタリングし、影響を与え、改善しようとするものです。これは、他者の権利を侵害しないようにするとともに、グローバルな事業活動を営む上で起こり得る人権への負の影響に対処するための取り組みです。 私たちには人権を尊重する責任があるだけでなく、事業活動を行うすべての地域で人権尊重を推進し向上していくことができるのです。

JT グループが人権に注力する上で重要な役割を果たしているのが、行動規範と相談・通報制度であり、それは私たちの事業活動が人権に何らかの影響を与えたおそれがある場合、当事者の苦情に耳を傾け、対応できるようにするものです。従業員やサプライヤーには、人権についての懸念があれば通報するよう求めており、通報した人が報復的な扱いを受けないよう配慮しています。

世界中のサプライヤーや葉たばこ農家に対しても、児童労働、労働者の権利、労働安全衛生などに関する国際的な労働規準を採用し遵守することで人権を尊重するよう義務付けています。サプライヤーの人権尊重については、JT グループ調達基本方針、JT グループサプライヤー行動規範、耕作労働規範(ALP)に従うこととしています。

JTグループの人権への取り組みは「啓発」「評価」「改善」という3つの柱を軸としています。事業の中に人権尊重を根付かせ、継続的に改善を進めるために、それぞれが重要な役割を果たしています。この3つの柱をPDCAサイクルとして回すことにより、効率的で一貫した体系的なデュー・ディリジェンスの継続的実施や、人権に関する戦略的かつ積極的な計画策定が可能となっています。

英国現代奴隷法への対応

英国で施行された英国現代奴隷法(UK Modern Slavery Act 2015)に基づき、JTグループ英国子会社(JTI UK)が開示したステートメントは以下の通りです。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerはアドビシステムズ株式会社より無償配布されています。